そもそもホームページってどうやって作るの?

テキストエディターがあればHTMLは記述出来ますよ


ホームページを作りたいと言った時に何をすれば良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。
ホームページと言うのはウェブブラウザに表示されるコンテンツであり、ウェブブラウザに表示される情報と言うのはHTMLと呼ばれている記述言語で構成されているものです。
HTMLはテキストベースなのでテキストエディターがあれば誰もが記述を行う事が出来ますし、HTML文書は入門書を利用すれば誰もが容易に扱えると言うメリットもあります。
最近は、ホームページ作成用のソフトウェアもあり、HTMLの記述を行う事なくホームページを作る事も出来るので、ソフトウェアを利用して見るのもお勧めですし、コーディングからやりたいと言うは入門書を利用して勉強してみては如何でしょうか。

デザインを作り上げるのはCSS


ホームページの記述言語でもあるHTMLは文書構造を作り上げるものであり、ホームページの背景に画像を使いたい、色を付けたいと言った場合にはCSSと言うカスケードスタイルシートが必要になります。
CSSはスタイル情報を作り上げるもので、HTML文書の中に直接記述する事も出来ますし、外部ファイルとして複数のHTML文書用のCSSとして活用する事も出来ます。
更に、ホームページをインタラティブなものにしたいと言った場合にはJavaScriptを組み込めば、アクション効果を持つホームページにする事が出来ます。
例えば、日本の都道府県を選択する事が出来るフォームを作った時、ユーザーが選んだ都道府県毎に動作を変える場合は、JavaScriptを利用する事で、インタラティブなホームページにする事が出来ます。

ホームページ作成の実績に注目をすることで、優秀なシステムエンジニアにスピーディーに対応を依頼することができます。