ホームページは初心者でも作れるの?

ホームページを作るのに必要なのは、HTMLの知識


スマホやパソコンから簡単にインターネットが見られるようになった昨今では、もはや個人でホームページを持つことも珍しいことではありません。ネットサーフィンをしているときに、「自分のホームページを作ってみたいなあ…」と考えたことはありませんか?それと同時に、「でもホームページ作りって、初心者にはハードルが高そうだし」などと考えて、最初の一歩を踏み出せない方もいるでしょう。
ちょっと意外に思うかもしれませんが、じつはホームページ作成に特別な道具は必要ありません。「HTML」というホームページを構成する言語の知識さえあれば、誰にでも作成が可能です。ネットで検索すれば、わかりやすく解説されているページがたくさん見つかりますし、本屋に行けば専用の参考書も豊富に置いてあります。最初こそ英字だらけで戸惑うかもしれませんが、無理せず基本的なとことから意味を覚えていくとよいでしょう。実際にホームページを作成する際には、パソコンに最初から入っているメモ帳にHTMLを打ち込むだけ。こうやって聞くと、自分にもできそうな気がしませんか?

ホームページをアップロードするサーバーを決めよう


作りたいページを用意したら、次に準備するのが「サーバー」です。知らない方のためにわかりやすく説明すると、サーバーというのはウェブページのデータを保存しておき、必要に応じてそのデータを提供してくれるものです。ホームページは自分のパソコンに保存してあるだけでは、インターネットを通じてほかの人に見てもらうことができません。サーバーという中継地点にデータを送っておくことで、初めてネット上で公開できるのだと覚えておきましょう。
サーバーにも種類がありますが、初心者の方におすすめなのがレンタルサーバーです。企業が用意しているサーバーを借りるという形になりますが、面倒な準備もなく申し込むだけで使えるので、初心者にも安心だと思います。レンタルサーバーには有料のものと無料のものがあるので、機能や価格を比較して、自分に合ったサーバーを見つけてみてください。

ホームページ作成の見積もりは、あいまいにすると思ったものが出来なくて、何度もやり直すことになります、何がしたいかの目的を明確に、見せ方はノートにこんな感じとイメージを描き依頼すると分かりやすいです。